「検定場面」 を利用することで、ドライブレコーダーの記録を効果的に比較することが可能になります。

 管理者がもっとも気になるのは、事故多発交差点や、死角が多く安全確認が重要な場所での「運転ぶり」です。


 そうした場所での運転操作、確認操作を観察することが、事故を惹起しそうな運転者を早期発見するうえでは極めて重要です。