ドライブレコーダーによる事故事例の分析

 TBR-200は、一般の乗用車やバン、トラックだけでなく、フォークリフトなどの運搬機械にも取り付けて、マルチカメラにさまざまな運転行動の記録と分析ができます。

 

 「事故事例の分析」ページでは、タカラ物流システム(株)の社内や協力企業などで得ることができた事故事例やヒヤリ・ハット体験の映像を通じて、どのような原因の調査・分析ができるか、また、どのように危険性の診断と指導をしているかを紹介していきます。

 

 「見えない危険」をいかに「見える安全」に変えていくか、ご検討の方はぜひ参照してください。


◆フォークリフトの事例 1


先急ぎ心理が事故の背景にある

 ある大手運送会社で、倉庫作業における汚破損事故がなかなか減少しないので、フォークリフトにドライブレコーダーを取り付けて、事故の記録を分析しました。

 

 事故の一つを記録したドライブレコーダーの映像がありますので、動画を見て、オペレータの心理を考えてみましょう。

 

続きを読む